相性バッチリの青汁ヨーグルトで健康になろう

Fotolia_125245688_Subscription_Monthly_M
青汁はそれだけでも十分健康につながる食品ではありますが、他の食品をプラスすることもできます。特にヨーグルトは青汁と相性バッチリなうえ、美味しく栄養もたっぷり取れます。ぜひ一緒に食べて健康になりましょう。

ヨーグルトは乳酸菌の宝庫

乳酸菌が体に良いという事は奥の方が聞いているのではないでしょうか。おなかの調子を整えるお薬にも乳酸菌が入っています。それだけ私たちの体には乳酸菌が必要だといえるのです。しかし、食事の偏りなどで乳酸菌がなかなか取りにくくなってしまうという事もあります。そういった時に手軽に乳酸菌をとることができる食品としてお勧めなのがヨーグルトです。

スーパーなどでも安価に販売されていますので、手軽に食べたり飲んだりしやすいというのもうれしいところです。最近乳酸菌が不足していると感じている方は、ぜひ青汁と一緒にヨーグルトも食べていくようにしましょう。飲むヨーグルトなどは青汁を溶かして飲むのにも適していますので特におすすめです。

整腸作用で腸を綺麗にしてくれる

ヨーグルトで乳酸菌を継続的に摂っていくことは、腸に良い影響を与えていきます。腸の中にはたくさんの菌が住んでいますが、その中には善玉菌と悪玉菌がいます。乳酸菌を継続してとることによって、善玉菌の活動を活発にしていき、腸内の環境を整えていくことができるのです。

それにより腸がスムーズに活動するようになれば、下痢や便秘というトラブルも減らすことができるうえ、栄養素をより効率的に吸収することができるようになるでしょう。なんとなくお腹の調子が悪いという方は、健康のために飲んでいる青汁にプラスして、ヨーグルトもとるようにしていきましょう。すぐに効果が出るものではないので、しばらく習慣として続けていくことが重要です。

老廃物を流してくれるのでダイエット効果も得られる

お腹の調子が良くなることで、単に下痢や便秘が亡くなるというだけではない効果が生まれてきます。不要な老廃物は腸で便となってそれが外に出ていくのですが、それがうまくいかないと必要な栄養が吸収できないまま流れてしまったり、逆に体の中に滞ってしまうという事もあります。

不要な油分なども吸収してしまうということになると太ることにつながりやすくなるでしょう。ひどい便秘でお腹が膨らんでいるという方もいるのではないでしょうか。そういった状態を良くすることで、常にすっきりしたお腹をキープすることができます。栄養も必要な分をきちんと吸収することができれば健康につながります。ぜひおなかの調子をいつもよい状態にしていきたいものです。

ビタミンB2で燃えやすい体にしてくれる

ヨーグルトの栄養成分というと、乳酸菌がまず思い浮かびますが、それ以外にもビタミンB2などのビタミン類も多く含まれています。こうしたものはエネルギーの代謝に必要なものですから、ダイエットをしたいときにはぜひ食べておきたいものです。

燃えやすい身体にすることで、運動などの効果もより強く感じることができるようになるでしょう。さらに、肌や髪などの新陳代謝も活発にしてくれるので、美容にもつながることになります。美しくダイエットしたいという方には欠かせない栄養素であるということができるでしょう。食事でなかなかとりにくいこうしたビタミン類は、ヨーグルトで補充していくのがおすすめです。おやつ感覚で足りない栄養を補っていきましょう。

乳酸カルシウムはカルシウムよりも高い吸収率を誇る

ヨーグルトは牛乳からできているという事で、カルシウムが入っているという事を知っている方も多いでしょう。しかし、ヨーグルトに含まれるカルシウムは乳酸とカルシウムがくっついた乳酸カルシウムという形になり、消化吸収しやすい形に変身するのです。

牛乳のまま摂るよりもぐっとカルシウムを吸収しやすくなりますから、ぜひヨーグルトの形で食べていきたいものといえます。カルシウムは骨や歯を作り出すために必要なものであり、体に欠かせないものです。成長期のお子さんはもちろんですが、高齢になった方は骨粗しょう症の予防に欠かせない栄養素といえます。大人から子供まで、誰もがとっていきたいものであるということができるでしょう。

腸が整えば免疫力も向上する

ヨーグルトと青汁を一緒に摂ることによって、豊富な栄養を体の中に入れることができます。特に大きな効果を発揮する場所としては腸が挙げられるでしょう。おなかの調子が悪いと感じている方はもちろんですが、そうでない方にとっても、腸を整えていくことは必要です。

腸は体の中でも免疫に関する働きを行っているということが知られています。腸がきちんと動き、栄養を取り入れて老廃物を押し流すというサイクルができていれば、体全体が健康になります。しっかり栄養を取り入れられれば免疫力もアップするでしょう。ヨーグルトに含まれる乳酸菌に加え、青汁に含まれる食物繊維はおなかの調子を整えることができるので、ぜひ毎日取り入れていきたい組み合わせです。

食物繊維と乳酸菌で効果絶大

お腹の調子を整えるという事を考えると、食物繊維と乳酸菌を良いバランスで取り入れていきたいところです。そこでお勧めしたいのが食物繊維の含まれている青汁と、乳酸菌の含まれているヨーグルトを合わせてとるという方法です。青汁の苦さがヨーグルトによってマイルドになり、口にしやすい味になります。抹茶をミルクにとかしたような風味になるので、お子さんでも食べやすくなるでしょう。

食物繊維と乳酸菌の働きで腸の状態が良くなるため、体全体への効果も期待できるはずです。単に青汁を飲むだけ、ヨーグルトを食べるだけ、という事ではなく、その両方を合わせることで手軽に必要な栄養を摂れるように、青汁ヨーグルトを毎日の習慣としてみましょう。

ダイエット効果も青汁が混ざればさらに効果的に

腸の状態を良くしてくれる乳酸菌をヨーグルトで摂ることは、お通じを良くしてダイエットにつなげる効果もありますが、それにプラスして青汁の食物繊維があれば、お通じの良さもよりアップしていきます。不要なものはきちんと出すというサイクルができるように、ぜひヨーグルトの乳酸菌と青汁の食物繊維を両方とっていきましょう。

別々に食べてももちろんよいですが、手間になって忘れてしまったり、二つも一気にとることができないと感じることもあるはずです。どうせならヨーグルトに青汁を混ぜてしまう事で、両方の効果を得ていくようにしていきたいものです。続けることが重要ですから、ぜひ続けやすい方法として二つを混ぜるという事に取り組んでみましょう。

栄養素を補完しあってくれる

ヨーグルトも青汁も、どちらも一つの食品として栄養が豊富なものであるといわれています。しかし、それだけを食べていればよいというものではありません。一つだけではどうしても足りなくなってしまう栄養素なども出てきてしまうものです。やはりバランスよく多くの栄養素をとっていくことが肝心となります。

そこでポイントとなるのが、足りない栄養を補っていける食品同士を組み合わせていくことです。カルシウムや乳酸菌を中心としたヨーグルトと、ミネラルやビタミン類が豊富な青汁を合わせていくことで、幅広い栄養素をとることができるようになります。多くの食品を食べる時間がない方ほど、こうした効率よく栄養が取れる食品の組み合わせがおすすめです。

はちみつなどを加えるのも効果的

青汁ヨーグルトは、基本的には青汁の苦みをマイルドにしてくれますが、ヨーグルトによっては酸っぱさが気になる方も多いようです。苦みや酸っぱさを感じるようであれば、味付けにはちみつをプラスしてみるのもよいでしょう。甘く食べやすい味になります。単に甘さをプラスするだけではなく、はちみつに含まれるビタミンなどの栄養素もとることができるので、栄養的にもさらにパワーアップしてくれるのです。

甘さをプラスするという事でダイエットへの影響も心配になりますが、はちみつは脂肪になりにくいという特徴があるため、安心して撮ることができます。健康効果を失わず、美味しく食べるための工夫として、ぜひ蜂蜜の甘さを加えてみましょう。